2005年11月29日

韓国の男子高校生、通話料290万円

韓国の17歳の男子高校生が、インターネットで知り合った
21歳の中国留学中の女子大生と携帯で国際電話に熱中し、
2ヶ月間で2500万ウォンの料金を請求され
一家が路頭に迷う事態に陥ってしまったそうです

2500万ウォンは日本円にすると約290万円

この高校生は2ヶ月前に学生と知り合い、電話は1日で3、4時間、
長い時には12時間にも及んだとのこと


電話かけすぎですね


この一家は6人家族で、月収は生活保護を合わせても約150万ウォン(約17万4000円)

生活するにも手一杯の状態です

このような生活状況で、この請求金額・・・

朝鮮日報では、この料金を払う唯一の方法は、1年前に手にした1900万ウォンの
賃貸住宅を解約するしかないと指摘しています


せっかく手にした家をこんなことで手放すことになるとは、
夢にも思わなかったのではないでしょうか

インターネットをうまく利用すれば、家やネットカフェ問わず
もっと別の方法でやり取りが出来たと思うのですが・・・

お灸をすえるにはキツすぎの大きさですね
posted by シンカイ at 01:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明日20時からうちできりたんぽパーチーです
Posted by ハバネロの父 at 2005年12月01日 21:53
今日のパーチー楽しみにしてますよ

健全な鍋でお願いします
Posted by シンカイ at 2005年12月02日 10:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9940484

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。