2005年09月24日

ハバネロ育成記27

9月24日 イクチキ、伍号の鉢移し

今日はイクチキと伍号の鉢移しをしました

実を1つしか生らすことができなかった
弐号や薫のことを踏まえてのことです

大きい鉢に移すことで、大きく成長したくさん実がなってほしいと思います

2005_09_24_01.JPG
移植前のイクチキ(左)と伍号(右)

今回用いたものは次の通り

「鉢底石」×1
2005_09_24_02.JPG

近くの100円ショップで売っていたものです


「野菜の土」×2
2005_09_24_03.JPG

同じく100円ショップで売っていたもの
野菜用ということで、実がたくさんなりそうだからとの理由で購入

観葉植物の培養土×1/2
2005_09_24_04.JPG

ホーマックで¥298で購入
この2つの土を混ぜて使いました

ちなみに壱号、弐号、薫の土も、"観葉植物の培養土"を使っています


移植中、ハバネロの土の周り見てみると、小さいながらも、根が底まで伸びていました

小さい鉢のままの壱号、弐号、薫には悪いことをしてしまったなと思っています


移植作業は、茎を折ることなく無事完了です

2005_09_24_05.JPG
移植後のイクチキ(左)、伍号(右)

最初の写真と見て比べると、鉢の大きさがわかるかと思います
あとはしばらく様子を見て、2週間後ぐらいに栄養剤を与える予定です
posted by シンカイ at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ハバネロ育成記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めましていつも読ませております。
私もハバネロを育てていますが
栄養剤と肥料は別物だそうです。
肥料と違って栄養剤は点滴のようなものらしいです。
なので、植え替え時や元気の無い時に投与する方が良いみたいです。
普段は肥料だけで良いみたいですよ。
また、葉っぱが落ちるのは、水が不足している所為らしいです。
唐辛子類は、もの凄く水が必要なんだそうです。
って、近所の花屋さんの受け売りですが(笑)
ちょっと気になったもので…
Posted by aki at 2005年09月28日 19:58
初めましてakiさん
毎回育成記を読んでいただきありがとうございます!

しかし栄養剤と肥料にそのような区別があったとは・・・
どちらも同じものだと思っていました

丁寧な説明、とても勉強になります

現在使っている「レインボーフラワー液」は
どれに分類されるのか調べてみたのですが、
これは液肥に分類されるみたいです

以前用いてた「活力剤C-30」は
説明に書いてある用途から考えると栄養剤に分類されるものと思います

また、葉が落ちる理由・・・
水不足が原因かもしれないとは思ってませんでした

唐辛子が水を多く必要とすることも初耳です

良く育てるには、根ぐされにならないように気をつけながら、
多く水を与えなければいけないのですね

・・・唐辛子を育てるのは、実は難しいことではないかと
だんだん思ってきました
Posted by シンカイ at 2005年09月29日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。