2005年09月18日

『鳥の詩』盗作に関するKeyの公式見解

9月15日付けで、Kyeが一連の盗作騒動に関する公式見解を
Webサイト上で発表したみたいです

以下引用
2005.09.15
『鳥の詩』盗作に関する公式見解です。

平素は弊社作品のご愛顧、誠にありがとうございます。
一部のファンの方々の指摘により、台湾SONYBMGより発売されました永邦氏のCD「真愛珍愛2005風行精選集」に弊社楽曲「鳥の詩」が盗作されている事実を知りました。
ファンの皆様には大変ご心配をおかけし申し訳ございません。
私達はただちに台湾SONYBMGに対して抗議し、次のように申し入れました。

1.WEB上での謝罪
2.当該曲が「鳥の詩」であり作曲者が「折戸伸治」であるとの明示
3.上記2点が満たされれば金銭的要求はしない

上記の申し入れを元に、現在台湾SONYBMGと交渉中です。

しかしながら、今日になってCD制作会社「YESMUSIC」の責任者季忠屏氏より、私達からすでに販売権を購入済みであるというような事実と違う発表が一方的になされました。大変遺憾に思います。私達は盗作抗議以降の彼らとのやりとりにおいて、大変不誠実な対応を感じており、今後も含めて私達の「鳥の詩」を彼らに販売するつもりはありません。

今日まで、日本のみならず台湾のファンの皆様よりも、ご声援を頂戴しており、非常に感謝しております。
今後とも弊社とKeyを宜しくお願い申し上げます。

引用終了

販売権を購入済み・・・か

・・・・・・

2005_09_18_01.jpg

そもそも、販売権を買った云々と言ってる時点で
永邦氏が作曲した「Melody」はオリジナルである、ということは
嘘だったという事になるのではないでしょうか

まぁ、嘘はいつかはばれるものです

今後どうなって行くのか、その行く末を見届けたいと思います

Keyの関係者の方々、頑張ってくださいね
この曲が好きな俺は、応援しています


関連サイト
ビジュアルアーツ(Key)
posted by シンカイ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。