2005年07月01日

モエレ沼公園へ行ってきました

今日、モエレ沼公園へ行ってきました

当初は、記念事業の一つである「ウオータービジョン」だけを見に行く予定でしたが
「海の噴水」も見ることができました

というのも、海の噴水をウオータービジョンだと勘違いしていたためで
とても得した気分になりました

詳細は明日の日記に書こうと思います
内容は「海の噴水編」と「ウオータービジョン編」の2つで構成で考えています

とても良い体験になりました
手伝ってくれた藻田のぶながさん、ありがとうございました!
そしてお疲れ様です!
posted by シンカイ at 23:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハバネロ育成記12

7月1日 隠しキャラ登場

7月度、第1回目の育成日記です

今日は隠しハバネロのご登場です

DSC00204.JPG

登場コマンドはオープニングで

上 X 下 B L Y R A と入力し「カカロット」という声が出たら成功です


え〜、実はですね
去る5月2日の大干ばつ(ハバネロ育成記2 参照)で、
壱号、弐号、薫は瀕死状態に陥ったわけですが
この時、まだ芽が出ていない種が2つか3つほどありました

苗がしおれるぐらい土が乾ききっていたため、
芽が出ていない種たちは、もう手遅れだろうと思ってました

それが事実だと思わせるように、5月11日の鉢移しに至るまで、
いまだ土の中にいる種たちは、芽を出す素振りを見せることはありませんでした

5月11日の日記には書いていませんでしたが、鉢を変えた後
今まで使ってた鉢に残っていた土は、そのままにしておき
不定期的に水を与えていました

今までの経緯から、芽が出てきたらいいなというぐらいの感覚だったので
気まぐれで水を与えるといった具合で、土がカラカラに乾いたりすることもたびたびありました

鉢を移した後の日記の写真で、以前使ってた鉢が写ってたことがありますよね
その鉢を残してたのも、こういったことをしていたからです


そんな感じで、日が過ぎていき
異変に気づいたのが、6月のはじめ頃

土から小さなうすい緑色の粒みたいなのが2つ出ていました
最初は、まさかハバネロか!?とも少し思いましたが
雑草かもしれないという思いのほうが半分以上を占めていました

2,3日たち、これがハバネロだということを確信しました
双葉の形、茎の色がハバネロのそれと同じだったからです

正直驚きました

今までのことを考えると、こんなことがありえるのかと思うくらい驚きました
そして生命力が半端ではないということを思い知らされました

芽が出た後は、それはもう丹念に世話をしました
そのおかげもあってか、元気にすくすく成長し、今に至っています

以上がこの2つのハバネロの、特異な誕生話です


名前は、以上の経緯から考えて
強靭なる生命力を保つという意味をこめまして
4番目に誕生したハバネロを
「保」
と命名します

DSC00222.JPG

この保という名前、写真では「イクチキ」となっていますが
これは、「イ」「口」「木」を読んでいます
なぜこうなるか分かりますか?

保という字を構成しているものを分解してみると理解できるはずです

表面上の名前は「イクチキ」ですが
具有するところは「保」です

なぜそうするかは、まぁこちらの事情によります
意味するところは変わらないので良しとしてください


5番目に生まれたハバネロは
「伍号」
と命名します

DSC00226.JPG

この「伍」いうのは
数字の5、ここでは5番目に生まれたという意味もありますが
秘するところは、「伍する」という意味、すなわち「他者と同等」「かたをならべる」
という意が込められています
つまり「保」の意味に同等ということをあらわしています


新たなハバネロが加わり、机上が賑やかになってきました
これからもハバネロたちへの暖かなご声援、よろしくお願い申し上げます
posted by シンカイ at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ハバネロ育成記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。